オリジナル小説TOPに戻る    TOPに戻る



世界最強チームとの模擬戦です!
(ガールズ&パンツァー二次創作)
原作:ガールズ&パンツァー製作委員会

初稿 2013年12月31日
400字詰め原稿用紙約枚



「パンツァー・フォー!(戦車前進せよ!)」
 リーダー、西住みほの号令で、総勢8台ある戦車が、一斉に前進を始める。
 と同時に、周囲からは歓声の声が上がった。
 先日行われた、戦車道全国高等学校大会で初参加にして、初優勝を飾った私立大洗女子学園。その知名度は上がり、各マスコミから取材が殺到した。また、生徒数の減少で廃校に追い込まれていた この一件は、いつの間にか立ち消えとなっていた。
 それは、現在行われている大洗女子学園のオープン・キャンパスの参加者数が証明している。上層部は、全国大会優勝を機に、戦車道の育成・推進を学園の方針とした。そして、オープン・キャンパスの目玉は、戦車道チームによるパフォーマンスである。
 弓道部から借りてきた的が運ばれ、戦車と対峙する形で、準備される。戦車と的の距離は、約600メートル。射撃が届くギリギリの距離である。
 的の近くには、多くのギャラリーが集まっている。
「撃て!」
 西住みほの命令と共に、戦車から激音が鳴り響き、的の中心に命中する。破壊された的を見たギャラリーから、これまでにない大きな感性が上がった。
 砲手を務めたのは、あんこうチームの一人、五十鈴華。戦車道全国大会の一回戦で、サンダース大学付属高校を相手に苦戦したときに、逆転勝ちをした一撃を放った。
 的に命中したことを双眼鏡で確認した西住みほは、ようやく笑顔と安堵の表情を浮かべた。
 その後は、オープン・キャンパスの参加者に戦車の内部を公開したり、戦車道についての質問について回答したりなどの時間を過ごした。

―「世界最強チームとの模擬戦です!」終―

よろしければ、感想掲示板、または、オリジナル小説人気投票にご参加頂ければと思います。
人気投票、Web拍手では、一言感想を書くことができます。



あとがき

 







オリジナル小説TOPに戻る    TOPに戻る